スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地域に根ざしたスタジアム

地域に根ざし、地域に愛され、商業的に採算の取れる
スタジアムを作らなければ、全国的に騒がれている
「箱物行政で財政難」という筋書きが待っているだけ。


県民性に配慮し、栃木県民が行きやすい、そして行って楽しめる施設に
しなくてはならないと思う。


富一知事の言葉から察するに、県は、栃木SCを栃木のブランド力向上の
担い手としてバックアップをしていこうと思っているらしい。
それによって人口が増えたり、観光客が増えたりして、
税収がアップすれば県としてのホスピタリティを向上させる
ことができるからだろう。


チームとしては、サポーターが増え、栃木県民が愛してくれるチームを
目指し、将来栃木SCでプレーしたいと夢見る子どもたちが増えるよう、
全力でいいプレーを見せたい。そう思っているだろうし思っていて欲しい。


スタジアム周辺地域の住民は、それに伴って地元が活性化し、
商業的なメリットを享受したいと思っているか、
逆に、人が増え、ゴミゴミして嫌だなと感じるか。
こちらは、賛否両論ありそう。


サポーター・観戦者としては、もちろん専用スタジアムで
臨場感たっぷりのゲームを観たいというのが願い。
また、来場者とチームや選手たちがコミュニケーションを取れる
または、取りやすい作りになっていることも大切な要素。

アクセスについては、私の個人的な見解は、県内ならどこでもいいよ。
というのが本音。
もちろんわがままを言えば、家から近い競馬場跡地が本命。
でも、それは、私の個人的な見解で、佐野や足利の人からみれば、
グリスタでも競馬場跡地でも、「行くまでに時間がかかる場所」ということに
かわりはない。

あとは、昔から栃木SCを応援し支えて来た人たち、
そして、現在、スタジアムへ足を運んでいる人たちが、
おそらく宇都宮在住の人が大半を占めているであろう事実を
どう考慮するか。

少数派を切り捨てることは、多数派から見れば簡単なことだが、
少数派に対するフォローをどれだけ積み上げられるかが、
地域に根ざしたチーム運営、スタジアム運営につながるのでは、
と思う。
スポンサーサイト

テーマ : 栃木SC
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

カウンター

閲覧者:
ADMIN
最新記事
最新コメント
プロフィール

T氏

Author:T氏

栃木SCの熱烈サポーター
血液型:B型
生年:1977年(蟹座)
自己紹介:H24年度から、セールスエンジニアに。
サポーターズクラブ「黄猿」の事務局長やってます。
ゴール裏で一緒にシャウトしましょう!!

サポーターズリンク!
ショップリンク
メディアリンク
選手ブログ
芸人リンク
チーム・団体リンク
スタジアム アクセスマップ
カレンダー
の日付は記事がUPされています
07 | 2017/08 | 09
-
-
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
-
-
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。