スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

返信感謝。

たくさんのコメントありがとうございました。
いろんな出会いがあるもんですねぇ~。

その中でもちょっと気になったのが、「選手つながり」。

選手の友人。身内が選手の友人。そういった選手とのつながりが
きっかけで、栃木SCを応援するようになった方が以外といらっしゃって、
そういったところに地域とのつながりの原点があるのかななんて思いました。


こういった質問をさせていただいたのは、サポーターができる
県民への広報ってなんだろう、何が効果的かつ効率的な広報なんだろう、
というのを考えたときに、まずは、今サポーターをやっている皆さんが
栃木SCと出会ったきっかけを広報に使えないかなと考えたからです。


誘われたり、招待券をもらったりすれば、観戦に至る可能性はアップします。

でも、効率的じゃないような気がするんです。
一人が誘える友人・知人は多そうで以外と少ない。
それは、普段の人間関係も影響していると思います。


選手やスタッフ、サポーター。それと、まだ栃木SCを良く知らない県民。
双方の接点をどのように見いだしていくか。


「選手と同級生」という接点で、栃木SCに興味を持ってくれるかもしれない。
「息子が選手と同じ名前」という接点かもしれない。
「よくよく聞いたらサポーターが幼なじみだった」とか。

そんな些細な接点でも、興味のポイントがガチッとはまると
初観戦に至るケースがあるんじゃないかなと。

そういったいろんなケースを知りたくて、今回の質問をさせてもらいました。

きっと、みんなが本気で考えたら、すごく効率的な広報が
できるんじゃないかと思ってます。

ぜひ、そういったアイデアがあれば、またコメントしてくださいねっ!

スポンサーサイト

テーマ : 栃木SC
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

でもねぇ

いつも携帯から拝見しています。チーム愛を端々に感じますよ。
私はかなり前に書き込みしましたが柏在住経験なりの赤サポです。
でもねぇやはり栃木は気になりますよね。結果も見ちゃうし、ネットで情報も見ちゃうし、ここも見ちゃうし。今年は個人的には上出来ではない?とも思ってたりします。
でもねぇ のめりこめません。なんでしょうね。特に宇都宮在住の人には皆さんが思っている以上にJを知っているはかなりいる事をそろそろ考える時期に来たことを気付く頃だと思います。ここ以外のサイトも見てると感じます。何故栃木SC に思い入れが出来ないんでしょうか?何かのヒントのような気がします。
ちなみに私はサポの雰囲気が合わないです。以前、チーム支援の番組にコールリーダーが出て来た時に「がんばった人にステッカー」と自分の写真のステッカーを出した時には引きました。初めて見たシーンに画面の前で絶句した事を忘れません。
それぞれのチームの歴史はあるのでしょうが… 尊重しますがあまりにも
どうですか?

>Yoshiさん

コメントありがとうございます。
Yoshiさんは、赤サポ歴は長いのでしょうか?

ぜひ、他のクラブで培った経験なり感想なりを、栃木と比較し、
どういったところが違うのか、どうすれば改善されるのかを、
教えていただけると嬉しく思います。

歴史がそうしているのか、人がそうしているのか、県民性なのか。
正直、手探り状態で、思いつくままに突っ走っているところがあります。

「先人」といっては、古すぎるかもしれませんか、Jクラブの先輩サポたちが
歩んできた道のりの一片でも、栃木に落としていただけると、また
そこから広がっていくんじゃないかなと思います。


コールリーダーに関しては、とても栃木を愛している人だと思っています。
ステッカーのくだりは、その人物との距離感によって、大きく感じ方は
変わると思います。私は、一個人のユーモアとしか取っていませんし、
それを栃木のサポーター全ての雰囲気とは捉えていません。


また、「サポーターの雰囲気が合わない」とのことですが、
具体的に、赤サポさん達の雰囲気と、どういったところが違うのか。
感じていらっしゃる範囲で教えていただけると嬉しいです。


私は、相手も選手もリスペクトするような雰囲気が好きですが、
現状は、勝負事に関して厳しい姿勢を取っている方が、多くいるように思います。

先日の甲府戦に関しても、負けた悔しさはありましたが、試合が終われば
同じJクラブを応援するサポーター。昇格を決めた甲府に対し、
「ヴァンフォーレ」のコールがあってもよかったかなと思っています。

「ヴァンフォーレ」とコールしている栃木サポーターの声を、
あえて栃木の選手たちに聞かせたかった。
そう思っています。

選手たちには、ブーイングなんかより悔しさを噛みしめてコールしている
サポーターの顔を見せた方がよっぽど心に響くんじゃないかと。

わざわざコメントありがとうございます

T氏さん
Resありがとうございます。今ちょうどReds公式のInternet Radio(FM Go REDS Go:スタジアムでも聞けます)でガンバ戦を聞いています。今年は怪我人続出でどうにもならない状況で・・・ポンテ先生も今年で契約終了と昨日正式にアナウンスもあり、かなりBlueになっております。(栃木SCのブログにこのコメントはまずいですね)

私の赤サポ歴は”シンジ”からです。元々は実家から長居が近かったので桜好きでした。

レッズはたまにTVで見てて”サポ熱いねえ”と思って好意的な印象を持ってました。まああの頃は、今でもお行儀が悪いといわれている以上にとんでもなくお行儀が悪かったようで関西人から見ると”虎キチ”に近いなと思ってました。そんな中でTVでたまたま見た”シンジ”にとんでもないものを感じて・・それがきっかけでした。

実際には、その頃は柏在住だったので日立台はちょこちょこ行ってました。柏は今も妻の実家があり時間があれば日立台には行ったりします。浦和の試合は、長らくチケットが取れなかったりで駒場では見たことは残念ながらなく全て国立&埼スタです。

でも最初に見た埼スタの試合は衝撃的で全身鳥肌ものでした。雨の中、長谷部がロスタイム一人でハーフラインからぶち抜いて逆転したジュビロ戦でした。

日立台も埼スタもそうですが・・
当然、生で見る試合は格別です。生の空気感はなんとも言えないものがあります。
その要素の中で相当の割合を占めるのがやはり”サポーター”ではないでしょうか。

日立台はなんか、建物的には元々仮設で作ったものの延長なので調っていませんが、なんといってもあのグラウンドとの距離感と個性的で情熱的なサポ。

埼スタの、専用スタジアムにしてあの規模にあの熱狂的(妻は宗教だといいますが・・)な”うぃーあー”(赤サポは自分達をこう表現することが多いです)。

当然、試合に勝つに超した事がないし、それを求めて行くのですが、それが全てではないような気がします。

さて、栃Sですね。
どうなんでしょう。初めてグリスタに去年行きましたが、日立台と埼スタと違う衝撃を受けました。
”げっゴール裏でブルーシート広げて宴会してる・・試合中に・・”
今は改装されたのでないのでしょうが、プロの興行試合でこのような光景を見たのは後にも先にもこれっきりかもしれません。

チャントで”栃木の王者・・”って、一緒に見に行ったみんなが”聞き間違えか??”これって、Jの試合だよなって。
昨今は、様子は変わったのでしょうが、これらがあまりに衝撃的だったので。

宴会してた人たちはおそらくタダチケで来たのでしょうね。”栃木の王者”は歴史のあるチャントだったんでしょうね。

”牧歌的”と言葉で好印象を持つ人もいるかもしれませんが、子供の事は自転車で熱心に藤井寺球場へ通い、
大人になってもスポーツ観戦は好きで関東圏へ来てからは、東京ドームや千葉マリンでパリーグを追っかけたり日立台でJの雰囲気を楽しんでた私にとっては、ものすごく違和感を感じ、今もその感じはグリスタから感じてしまうのです。

あ、後、マナー悪いですよね、グリスタ。スタンドで試合中小旗振ったりとか、駐車場&送迎バスがこの規模のチームとしてはしっかりしているのに路駐だらけ。それも歩道に、歩いている人が居る中車で突っ込んでくるとか。(その辺は県民性かも・・)
このあたりは、時間や経験が解決してくれる面も多いと思うのでこれからなんでしょうね。ただ、県外から来た人間は口をそろえて言うマナーの悪さ、特に”公共”の場でのマナーは
ある意味”県民性”なんでしょうから、簡単には変わらないと思いますが。

ただ、なんか最近T氏さん達の活動も含めて、なんとかしないと・・と言う空気は感じます。なんで、栃Sには明るい未来があるのではと思っています。チームの成績も今年は進歩してますしね。

浦和地元の赤サポの人たちがよく言うのは、”チームを強くしたのは俺たちの力は大きい”と。栃Sもそのような状況をうまくすると味わえるのではと思いますよ。

ボランティアの活動なんかをもう少し参加しやすくする工夫をするとか、たとえば小学生、中学生に持ち回りで体験スタッフになってもらうとか。

話は変わってしまうのですが、僕は実は”栃木”のチームにしたのが失敗ではと思っています。
柏市は約40万、旧浦和市は約48万の人口です。宇都宮市って51万なんですよね。

栃木県では、マーケット的に広すぎるのはと。まあ色々な背景があるので極論なのでしょうが、
外から来た人間から見ると”栃木県”としてのidentityってほとんど感じないし、”栃木”って
してしまうと全てにおいてフォーカスがぼやけてしまし中途半端感が出てしまうのではと。
遅めにJに入ってきた割には地元密着感がないチームに感じます。チームもそこを重視しているようには見えないし。
レイソルは小学1年生にもらうランドセルのカバー(黄色いやつです)にレイ君のイラストを入れ柏市に寄付しているようです。
浦和は一線級の選手でも町のクラブショップの一日店員などしてますが、栃Sでそのようなこと活動に力を入れているのは
学校訪問ぐらいでしょうか・・。それもこれも、対象地域が無駄に広いからかなと思ってます。

長文乱文、申し訳ございません。つらつら書いている間にレッズ負けました。0-2ですか。
今年は、我慢だなとここまできたらもう一年フィンケで我慢する度胸をクラブに持ってほしいと思う一赤サポでした。
(ここにはあまり関係ないですね)

>Yoshiさん

ありがとうございます!!

とても参考になりました。

記事として返信させていただきます。
カウンター

閲覧者:
ADMIN
最新記事
最新コメント
プロフィール

T氏

Author:T氏

栃木SCの熱烈サポーター
血液型:B型
生年:1977年(蟹座)
自己紹介:H24年度から、セールスエンジニアに。
サポーターズクラブ「黄猿」の事務局長やってます。
ゴール裏で一緒にシャウトしましょう!!

サポーターズリンク!
ショップリンク
メディアリンク
選手ブログ
芸人リンク
チーム・団体リンク
スタジアム アクセスマップ
カレンダー
の日付は記事がUPされています
06 | 2017/07 | 08
-
-
-
-
-
-
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
-
-
-
-
-
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。