スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どうする動員!?

前節、富山に1-0で逃げ切り、順位を6位に上げた栃木SC。
これで9戦負け無しと着実に勝ち点を積み上げている。


そんな好調をキープしているチームの反面、観客動員がふるわない。

J1降格組との一戦では、柏や千葉からサポーターが大挙押し寄せ
スタジアムを埋めてくれたが、栃木サポだけの平均を考えると
おそらく、4000足らず。

2008年JFLからJ2への昇格を決めた年。
17試合のホームゲームで4000人を割ったのは、わずか5試合。
その内の1試合には富山戦も含まれていました。(※足利開催)

ん~、栃木県民は富山戦が嫌いなんでしょうか?(苦笑)


と思ったら、昨年は、
05/02 富山戦 5,900人
05/17 熊本戦 2,349人

こんな感じでした。

ってことは、富山うんぬんってよりは、やっぱり5月の第3週は、
お客さんが来ないってことなんですかねぇ~~(・-・)




結局のところ、チケット代は収入全体の2割しか占めておらず
その大半をスポンサーに頼っていることを考えると、
いかにスポンサーを増やしていくか、ということをベースに
戦略を立てた方が経営的には考えやすいのかなと。

スポンサーとしては、よりたくさんの人の目に触れた方が
もちろん良いわけで、ターゲットをしぼった招待企画は、
どんどんやるべきだと思います。

観客動員増は、結果的にスポンサー獲得のネタになるし。


いずれにしてもバクスタが工事中なので、変に力を入れすぎて
スタジアムがパンクしてしまうのも問題だけど、今の動員は、
ちょっと寂しい。


岐阜戦は、5000人ぐらい入るといいな~♪
(メイン4000人 ゴール裏1000人ぐらいで)



参考データ

<今シーズンのグリスタ観客動員数>
木白 6,216人
札幌 4,752人
草津 4,098人
千葉 6,933人
徳島 4,137人
富山 3,330人
------
平均 4,911人



<第13節までの平均観客動員数>
_1位 札幌:12,964人
_2位 甲府:12,267人
_3位 大分:11,363人
_4位 千葉:11,344人
_5位 岡山: 7,440人
_6位 福岡: 7,430人
_7位 木白: 7,405人
_8位 鳥栖: 6,377人
_9位 熊本: 5,861人
10位 徳島: 5,656人
11位 横浜: 4,969人
12位 栃木: 4,911人
13位 富山: 4,825人
14位 東京: 4,579人
15位 草津: 4,120人
16位 岐阜: 3,924人
17位 北九: 3,785人
18位 愛媛: 3,587人
19位 水戸: 3,295人


スポンサーサイト

テーマ : 栃木SC
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

第三週はGWでお金使ったから出かけない人が多いんですかね?

>ファントムさん

あぁ~GWの流れかぁ~。それもあり得るなぁ。
2005年、栃木SCの平均観客動員は1520人。
3年後には、それが5000人にまで増えるんだけど、
どんな要因があったんだろう…って思う。

ずっと応援を続けている人たちと、去って行った人たち。
そして、栃木SCを知ってるけど、応援に来ない・来られない人たちと
まだ栃木SCを知らない人たち。


まずは、スタジアムへ。って思うんだけど。
あとは、その中からはまっていく人を
徐々に増やしていくって感じなのかなぁ。

ちょっとした話聞いたんですけど、栃木SCの試合があった日の
夜は、代行車も仕事あがったりらしいです!夜栃木テレビで、試合放送を観てる方が多いので、外に出ないらしいです!うちの会社の方も結構観てます、栃木県民は、栃木SCに多少なりと興味はあると思います。その方達をグリスタで観たいっと思うようにするのは、選手達だと思ってます!勝った試合の後は、疲れているかと思いますけど、一部の選手だけでなく、ベンチに入っている選手の方は子供達にサインしたり、握手したりとサービスするのも良いのかな?って思います!
あと、今年は良い攻撃してるって、会社でも評判になっています!

私の職場の人達も親友達も、栃Sは知ってるけど興味は無さそうです。 女の人なんかは特にカッコイイ選手を発見したら必然的にサッカーに興味が湧きます(笑) 日程的だったり、難しいのかもしれないですが人が沢山集まる所でちょっとしたイベントをやって、色んな人に選手を知ってもらう・・それしかないと思います。
若い人達なんか特に、新聞読みますか?栃テレ見ますか?どちらも見てる人なんて少ないと思います。なのでベルモなりインターパークなり人が多い所でイベント等するべきだと思うんですよね・・・フロントはもっと現実的に考えてやってほしいですね!
去年か一昨年ララスクエアでやった、入ってるショップの洋服を選手に着せたり・・そうゆうイベント個人的に好きなのですが(笑) そういう事の積み重ねですよね?県民の集客は。

>ヒデさん

とても興味深い話ですねっ!

スタジアムまでは行かないけど、とちテレでは観たいっていう
隠れファンの存在は、大きいと思います。

そういった隠れファンは、一度スタジアムへ来たら、
はまる確率高いんじゃないかな。

はじめの一歩をどう踏み出してもらうか。

他の娯楽(テーマパークや旅行)とサッカー観戦を比較したときに
何かきっかけがないと、「サッカーを観に行くんだったら…」
っていうところが、少なからずあると思います。

自分も社長に誘われてスタジアムへ行かなかったら
未だにサポーターにはなってなかったかもしれません。

観客動員の底上げをするためにも、毎試合、初観戦の人を
どれだけ集客できるかが、これからの課題じゃないかなと思います。

>まめ柴さん

すでにホーム開催は、3分の1を消化してしまいました。
限られたホーム開催日に、どれだけ新しいファンを
増やすことができるか。

人それぞれ、栃木SCにはまるツボは様々だと思います。
私の場合は、「スタジアムの生の歓声」に感動してはまりました。

いろんな場所でのイベントの実施や、違った切り口の企画立案、
場合によっては、サポーター主体のPRイベントなども有りだと思います。

選手たちには申し訳ないですが、栃木SCに興味がなければ、
無名の選手がほとんどだと思います。

でも、サポーターが主体の場合、もしかすると同級生や知人に
遭遇することもあると思います。

「久しぶり~」とか「何やってんのぉ~」なんていう会話の中から
観戦にいくきっかけが生まれることもあるんじゃないかと。

「はまるきっかけ」をどれだけ掘り下げてイベントに繋げられるか。
フロント、選手、サポーターが一体となって栃木SCを
盛り上げていきたいですね♪
カウンター

閲覧者:
ADMIN
最新記事
最新コメント
プロフィール

T氏

Author:T氏

栃木SCの熱烈サポーター
血液型:B型
生年:1977年(蟹座)
自己紹介:H24年度から、セールスエンジニアに。
サポーターズクラブ「黄猿」の事務局長やってます。
ゴール裏で一緒にシャウトしましょう!!

サポーターズリンク!
ショップリンク
メディアリンク
選手ブログ
芸人リンク
チーム・団体リンク
スタジアム アクセスマップ
カレンダー
の日付は記事がUPされています
10 | 2017/11 | 12
-
-
-
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
-
-
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。