スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前略、

佐藤悠介様。

このたび「引退」を決意されたことを知り、ささやかな思い出を残させていただきたいと思います。

最後の得点となったアウェイ岡山戦でのFK。
ゴール直後の数分間、応援しようにも涙で声がでませんでした。

あの瞬間の嬉しさというか感動を味わえただけで、岡山へ行った甲斐があったなって思っています。

栃木SCを応援するようになって、まだ3年目だけど、初めて観戦にいったときは、まさかサッカー見てて涙が出てくるなんて思ってもいませんでした。

初めての感動をありがとう。

引退しても、「サッカー人の佐藤悠介」として活躍されることを期待しています!

------------

年取ると涙腺ゆるく…
引退セレモニー、絶対泣いちゃう気がする…

スポンサーサイト

テーマ : 栃木SC
ジャンル : スポーツ

今月は。

頑張りました。
ブログも仕事も栃木SCも。

まだ、今月は4日残ってますが、この4日間も
結構ハードなスケジュールで頑張る予定です。


ブログは、サポーター団体に始まり、チラシ制作・配布、
クラブに関するお金の話から、募金、後援会と、色々と
ネタを投下させていただきました。

スジが通っていそうで偏った意見を述べている場合が多いです。

なので、コメントをいただいたことで、偏った部分を修正しつつ
具体的にどう行動していこうかと、自分の中でかなり整理できました。

これからも、一見正しいことを述べていそうで、偏ったネタを
記事にしていきたいと思ってますので、ぜひ、みなさんの声を
コメントしていただけると嬉しく思います。


また、記事にするだけではなくて、実際に行動できた部分も
アップしていきたいと思いますので、そういった点もみなさんの
きっかけとして捉えていただけたら幸いです。

栃木SCを応援する一人ひとりの考え方ひとつで、変わっていくことがあると思います。

レバレッジを利かせて、小さな力でどうやって大きなものを動かしていくか。

考えてると楽しいです。


テーマ : 今日のつぶやき
ジャンル : ブログ

後援会のポジショニング

本日も、コメントをネタに記事を書かせていただいてます。

後援会のポジショニングについて、コメントをいただきました。
個人的に分かりやすい切り口ですっ!

私が、現状の後援会から感じる意味は、「地域密着感」です。
なんとなく、後援会という存在があると、地域でサポートしている
感じがでるので存在しているのかなと。

少し悪い言い方になるかもしれませんが、そういった感じを出すために
仕方なく存在してるような、魂が入っていない存在のような気がしています。

せっかく後援会を立ち上げたのに、なぜもっと県内各地に
同じような後援会組織を作る手助けをしないのか、不思議です。

後援会は、クラブ主導で立ち上げていくものではないと思うので、
県内各地の自治会長さんなり、栃木SCを応援する熱いサポーターなりが、
独自に立ち上げていくものだと思います。

でも、どう後援会組織をまとめていけばいいか、経験がなければ
はじめの一歩を踏み出すのにすごく勇気がいると思います。


本体の後援会組織の支部的な存在にするのか、独自の後援会組織にするのか。

そういった県内各地で栃木SCをもっとサポートしましょ!という雰囲気が
ないので、地域のサポートが希薄な感じがしているのかなと思います。


またまた、ホームゲームでのブース出展の話になりますが、
後援会も専用ブースを出し、県内で後援会支部を作るチラシ等を作って
PRすればいいのではと思います。


------
では、各地に後援会が存在するという前提で考えたときに、各地の後援会は何をすればいいのでしょう?

大きな目的としては、クラブと地域をつなげるパイプ役が各地の後援会なのかなと思います。

現在のクラブのスタッフだけで、県内全域に営業をして、サポートショップを増やして行くのは、何年先の話になるかわかりません。

そこで各地の後援会の出番です。

まず、後援会は、会費から各種ポスターやのぼりをクラブからお買い上げ。
そして、後援会のエリアで人通りの多そうな道路沿いにのぼりを設置できないか
自治会長さんと相談したり、そこに商店があれば商店主と相談したり。

個人でできるレベルですが、個人でいきなり訪問するより、『栃木SC後援会どこどこ支部』という肩書きがあったほうが話しやすいですよね。

人は、肩書きひとつで能力を何倍も発揮できるようになると思ってます。

なので、後援会に入った人には、なんでも良いので肩書きがあった方が
入会した人も感じ方、考え方が変わるんじゃないかなと思います。


と、後援会について、ちょっと盛り上がったところで今日はおしまい。

テーマ : 栃木SC
ジャンル : スポーツ

募金。

今回もいただいたコメントをネタに記事にしました。


<メインサポーターさんからのコメントより>
中津社長も以前、言われてましたが、仮に後援会に入ります。
SA席が2枚で6000円チケットがつき、バスツアー値引きや特典あります。
残額を月割したら500円です。サポーターとして、応援するならそこは、応援してほしいと。



さすが中津社長は、「どう出資してもらうか」という点について
それが個人であれ法人であれ、表現が上手だなって思います。

会計面での目に見えるものも確かに重要ですね。

ただ、私も含めアウェイ貧乏なサポーターは結構います。
そんな私でも月500円なら出せるんですが、
年1万円だとちょっとためらってしまいます。

であれば、何か名目を決めて、募金箱を設置したら
どうかなぁなんて思います。

毎試合100円募金すれば、年に2000円ぐらいにはなります。
募金の使途が明確なら1000円いれてしまうかもしれません。

でも、まとまった1万円ってどうしても躊躇してしまうんですよね…。


例えば、選手全員の募金箱を用意して「年俸募金」というのを設置したり、
「岐阜戦遠征費募金」というのを設置したり、要は使途が明確なほど
出す方も頭を切り換えられるんですよね。

具体的にあげると、「今度の岐阜戦、メドウに応援に行けないから、
代わりに遠征募金しておこう」とか。現に、今週末の岐阜戦、
参戦できるかわからないので、そんな募金ができたらしたいです。

ロボの年俸募金には、「移籍しないで!」という熱い想いのこもった
募金が貯まっていくことと思います。

「クラブ強化費」なんていう曖昧な募金では、熱い想いを募金に
託せないと思うんです。


あとは、毎試合ホームに「遠征スポンサー」というブースを設けて
次回の遠征に掛かる費用を明確にし、1口1000円で出資してもらうとか。
予定の口数が販売されたら、受け付け終了。「ここで終わり」という
目標があると、出資してもらいやすいと思うんですよね。
勝ち試合の帰りに『遠征スポンサー、あと3口です!よろしくお願いします』
なんて言われたら、勢いで1口買っちゃいます。

「プロのクラブがここまでやるか」と言われてしまうと、元も子もないんですが、
そんなところで見栄を張るより、素直にサポーターからお金を集める手段を
考えた方が賢明かなと。

こういったやり方が、どこまで許されるのかはわからないので、
募金・寄付について詳しい方がいらっしゃいましたら
コメントよろしくお願いします!


で、ここまで、後援会を否定しているようですが、この募金を後援会が
やってくれればいいのに、というところにつながります。

「1口10000円で、これだけの特典が付いています」という表現より
「遠征基金1口1000円、選手強化基金1口2000円・・・他」
何も特典はいらないので基金の使途を明確にして欲しいのと、
振込みって金額以上に損した気持ちになるので、振込みだけでなく、
ホームゲームでブースを設置し、対面でお金を預かって欲しいです。



ということで、今日はこの辺で。

テーマ : 栃木SC
ジャンル : スポーツ

開始時間、早っ!

今日は、中2日で水戸戦。

いつもの13時開始ではなく、12時開始。

その影響で、ボランティアの集合時間も8時15分。
移動時間考えたら、7時半に家をでるようかな…。

只今、3時20分ですが、まだ雨が降っていて天気もちょっと心配。
お客様が雨宿りできる場所がほとんどないので、開門前には止んで欲しいです。

あとは、自分の仕事が片付けば問題ないのですが…

テーマ : 栃木SC
ジャンル : スポーツ

誰がチームを強くした?

ブログ読者の方から、いろいろと考えさせられる
ありがたいコメントをいただきました。

将来、「栃木SCが強くなったことに、俺たちは大きく貢献している」と
胸を張って言えるような存在に自分たちはなっていかなければいけないと。

今は、良くも悪くも自分たちにしか目がいっていない
ところがあると思います。単純にお客さんを増やしたいとか、
応援をもっと盛り上げたいとか、ボランティアスタッフを増やしたいとか…。

何のためにそうしたいのか。
その先を見ていなかったらチームは成長しないのではないかと、
コメントを読んでいて思いました。

「栃木SCを強くしたい」
「栃木SCがJ1のクラブとして認められる存在にしたい」

『じゃあどうする?』

ここを原点にみんなで栃木SCのことをもっと考えていきませんか?

そうあるために、足らないものは何なのか。
そうあるために、改善しなければいけないことは何なのか。

なんとなく、ワクワクしてるのは、俺だけかな…(^^;)

テーマ : 栃木SC
ジャンル : スポーツ

家事都合により。

明日の富山戦。

訳あって不参戦となりました。

遠征されるみなさん。風邪などひかれぬよう、気をつけて
いってらっしゃいませ。

吉報お待ちしています!!


私は、水戸戦の作戦でも練ってます(^^)v
(何の作戦やねんっ)

テーマ : 栃木SC
ジャンル : スポーツ

返信感謝。

たくさんのコメントありがとうございました。
いろんな出会いがあるもんですねぇ~。

その中でもちょっと気になったのが、「選手つながり」。

選手の友人。身内が選手の友人。そういった選手とのつながりが
きっかけで、栃木SCを応援するようになった方が以外といらっしゃって、
そういったところに地域とのつながりの原点があるのかななんて思いました。


こういった質問をさせていただいたのは、サポーターができる
県民への広報ってなんだろう、何が効果的かつ効率的な広報なんだろう、
というのを考えたときに、まずは、今サポーターをやっている皆さんが
栃木SCと出会ったきっかけを広報に使えないかなと考えたからです。


誘われたり、招待券をもらったりすれば、観戦に至る可能性はアップします。

でも、効率的じゃないような気がするんです。
一人が誘える友人・知人は多そうで以外と少ない。
それは、普段の人間関係も影響していると思います。


選手やスタッフ、サポーター。それと、まだ栃木SCを良く知らない県民。
双方の接点をどのように見いだしていくか。


「選手と同級生」という接点で、栃木SCに興味を持ってくれるかもしれない。
「息子が選手と同じ名前」という接点かもしれない。
「よくよく聞いたらサポーターが幼なじみだった」とか。

そんな些細な接点でも、興味のポイントがガチッとはまると
初観戦に至るケースがあるんじゃないかなと。

そういったいろんなケースを知りたくて、今回の質問をさせてもらいました。

きっと、みんなが本気で考えたら、すごく効率的な広報が
できるんじゃないかと思ってます。

ぜひ、そういったアイデアがあれば、またコメントしてくださいねっ!

テーマ : 栃木SC
ジャンル : スポーツ

ブログでも募集。

昨日から、ツイッターで『初めて栃木SCを観戦したきっかけは?』
というお題でみなさんの声を募集しています。

ツイッターをやられていない方もたくさんいらっしゃるかと思いますので
ブログでも募集します。

ぜひ、みなさんの『きっかけ』をコメントしてください!

お待ちしています♪

続きを読む

テーマ : 栃木SC
ジャンル : スポーツ

富山遠征。

今週末は、富山遠征。
もちろんマイカー参戦。

走行距離は、宇都宮発で片道約425km。
移動時間は、休憩なしで約6時間。

19:30試合開始なので、最悪お昼に出発しても
間に合う感じです。

<遠征予算>
高速代(往復):2,000円
ガソリン代(15km/L):7,000円
チケット代(大2小1):3,500円
-------
合計:12,500円

プラス食費とおみやげ代で、合計20,000~25,000円ってとこかな。


あとは、富山に着いてからの観光をどうするか考えとかないと…。
いつも予定を立てずに現地でグダグダしてしまうので、
しっかり予定を立てて、時間を有効に使いたいなっ♪


そして、日曜の朝、家に着いたら、そのまま宇都宮マラソンへ…。
やっぱりサポーターのM体質はどうしようもないね(^^;)

テーマ : 栃木SC
ジャンル : スポーツ

今回のチラシ配布に関して。

発端は、野崎君が作った集客画像。
20101114


11月11日のお昼にゆーさんから、1通のメールが。

『あの画像でチラシ作れないかな?』

たぶん、この一言がなかったら、今回、
チラシ配布はやらなかったんじゃないかと思います。

クラブのために何かしたい、と思っている人がたくさんいる。
自分もその中の一人。
でも、現実は、やらない理由、面倒な理由を考えて行動までは
移せません。

『そんなことはクラブがやればいい』

そう言ってしまうのは簡単ですが、それでクラブ側が動いてくれるほど
甘くはないと思います。


自分の意志で、自由に行動させることができるのは、自分自身しかいません。
何か目的を成し遂げようと思ったときに、障害になっていることは
「全て自分に原因がある」と思っています。

あとは、その目的を成し遂げるために、どれだけ情熱と時間と資本を
投資し、周りを巻き込むことができるか。


骨折り損というリスクもあります。
でも、何もやらないよりは、次にやるべきことが見つかるチャンスが
あると思います。

昨日のスタジアムでも、2人の方が、声を掛けてくれたました。
「2人しか」と思うか、「2人も」と思うか。

デジタルな世の中だからこそ、アナログな関係がより強い力を
生むんじゃないかと思います。


「声を掛けてくれれば」と言ってくれた方もたくさんいましたが、
今回は、急な話で、土曜日にチラシが届くかわからなかったこともあり、
他のサポーターやボランティアの方への協力要請もほとんどしませんでした。


という訳で、次もやりますか!


最終節へ向けて動いているサポーターもいますが、
次のホームは水戸戦です。
最終節へ呼びたいからこそ、水戸戦に呼んでエキサイトしてもらいましょう!

動員も甲府ほど心配することはないと思います。
今度は、栃木のサポーターで5000人!!
数字的には少ないですが、スタジアムのキャパ、そして招待券を使わない
ということを考えると、5000人ならとても意味があると思います。


昨日、目の前で見せられたJ1昇格の瞬間。

来年は、グリスタで自分たちのためにその瞬間を迎えましょう!

テーマ : 栃木SC
ジャンル : スポーツ

甲府戦@朝

おはようございます。

今日は、試合開始が午後5時ということもあって、
いつもと若干タイムスケジュールが違いますので
みなさん、お気をつけ下さい。

天気は、曇りのち晴れ。
お昼過ぎぐらいまでは雲が多そうです。
夕方から晴れるようですが、返って放射冷却で
冷え込みそうですね・・・。

メインの方は防寒具。ゴール裏の方は着替えを忘れずに!

<スケジュール>
13:15 ボランティアミーティング開始
14:00 ビッグフラッグ搬入
    ⇒搬入後、応援説明会
15:00 優先入場開始
15:10 一般入場開始
17:00 試合開始
18:45 試合終了


今日は、14時からビッグフラッグの搬入があります。
搬入スタッフは、誰でもOKです。飛び入り大歓迎です。

時間のある方は、ゴール裏で応援しているしていない
に関わらず、ぜひ手伝っていただけると助かります。
集合場所は、北ゲート前になります。

↓搬入時はこんな感じ
ビッグフラッグ搬入

搬入後は、応援に関して説明会があるようなので、
ぜひこちらも併せてご参加ください。

また、ゴール裏での応援にいきなり参加するのは、
躊躇してしまう部分もあるかと思いますが、
搬入作業などを通して、コミュニケーションを取るのが
「ためらい」をなくすためのいい方法ではないかなと思います。

とりあえず、搬入の陣頭指揮は、下の3人の誰かがやってると
思いますので、「初めて参加します」と声をかけてみてください。

↓シゲルさん
シゲルさん

↓ケンゾーくん
ケンゾーくん

↓ノザキくん
ノザキくん

テーマ : 栃木SC
ジャンル : スポーツ

反応。

矢板中央と佐野日大の決勝戦。
グリスタには立見が出るほどの人が集まっていました。

作ったチラシの店舗への配布をやめ、手元に残った500枚をグリスタで手配り。

『あっ!明日はSCか!』と気づいてくれた方がたくさんいました。

ブログでの出会いもありますが、現場に出て人に直接会わないと
わからないことってたくさんあるなって感じました。

ゆーさんとkoba夫妻の4人で配っていたんですが、
中には私たちに、『頑張ってね』と声をかけてくれる、
おかあさんもいたりして嬉しかったです!


さっ!いよいよ明日、甲府青赤の大波がグリスタに押し寄せます!

迎え打つ準備はいいですか?

クラブもサポーターもボランティアも、
絶対勝つというコミットメントを胸に戦いましょう!

テーマ : 栃木SC
ジャンル : スポーツ

特急料金。

昨日、アップしたチラシ。
一部変更して、印刷屋さんに1000部注文。

明日の午前中に届く予定なので、午後には宇都宮市内のお店に
設置依頼へ行ってこようと思います。

にしても、納期を7日間取ると3,500円でできるのに、
当日発送にすると、12,200円!!

特急料金で儲けてるんだろうなぁ~。
足もと見られてます(T_T)


最終戦のチラシは、もっと早く作ろう…。

テーマ : 栃木SC
ジャンル : スポーツ

チラシ

配布用チラシ、作ってみました。
DTP職人ではないので、デザインセンスはご容赦ください(^^;)

FINAL3-1

PDFはこちら


その2

20101114part2

PDFはこちら

テーマ : 栃木SC
ジャンル : スポーツ

呼びかけ。

いよいよ甲府戦まであと3日。

栃木にとっては、クラブが打ち出している[FINAL3]の第1戦ということで、
前節の福岡戦同様、まだ対戦成績で勝ち星のない甲府に対し、絶対に
負けられない試合です!

甲府は、勝てば昇格圏内確定。

目の前で甲府の昇格を見届けるわけにはいきません。
(他会場の結果でも昇格が確定しますが、それは自力で阻止できないので諦めます)

選手たちにもかなりのコミットメントが要求されると思いますが、
わたしたちサポーターも、ここは一つコミットメントを発揮させ
甲府戦を盛り上げていきませんか?


●友人、知人、家族、思い切って誘ってみましょう。
このブログをご覧の方たちは、来るなと行っても来てくれる方ばかりだと
思うので、ぜひプラスαでご来場ください

●黄色いシャツ・上着を買ってくる
アウェイに応援しにくる甲府サポは、ほとんどが青いレプリカやシャツを
着てくることが予想されます。
普段は、意識せずに観戦されている栃木のみなさん、せめて黄色いシャツを着て、
ホームの雰囲気だけは出してあげましょう!

●オリジナルの旗やゲーフラに挑戦してみましょう。
盛り上げるのは人だけではありません。見た目も華やか(?)になるので
ぜひ、プラスαの応援グッズを持ってスタジアムへ。

旗やゲーフラは、メインスタンドで使うと嫌がられる場合があるので
そういったことを気にする方は、ぜひゴール裏(SC席)へお越し下さい。

●チャントを練習する
Youtubeで、栃木SCのチャントを聞くことができますので、
ぜひ、事前に練習して当日ゴール裏で声出しに参加してください。

2010チャント集はこちら



----
もっと志が高い方は、こんなことも。
●「ホームジャック絶対阻止」的なビラを作って配る
クラブ側は、バックスタンドの工事の影響で、リスクのある思い切った動員を
掛けられません。ならば、サポーターが動いて動員させるしかないでしょ!


いずれにしても、まだまだ盛り上げる要素はたくさんあると思います。

みんなの思いを日曜日のグリスタに集結させましょう!!

テーマ : 栃木SC
ジャンル : スポーツ

福岡戦勝利。

福岡に遠征された皆さん。お疲れ様でした。
そして、ありがとうございました。

出勤日だったこともあり、遠征できなかったんですが、
昨日、ラウンドで観戦し「ロボが脚を振る速さは、半端ねぇ~」と
感動したところです。


昨日、甲府のハーフナーマイクが、ハットトリックを決め、
得点王までの道のりが険しくなりましたが、道は険しいほど
達成感もあると思うので、ロボには諦めずに頑張って得点王を
目指して欲しいです。
相変わらず、シュート本数では1位を突っ走ってるし(^^)

---

で、そんなロボですが、何気に累積リーチです。
ちなみにパウと那須川も。

最終節までカードをもらわないことを祈りましょう…。



テーマ : 栃木SC
ジャンル : スポーツ

いきなり統一ではなく。

前回の記事で少し組織化について触れました。
基本は「クラブ主導ではなく自らが動く」ということ。

その点に関して、少し掘り下げたいと思います。


ボラに関しても、ゴール裏に関してもいきなりひとつの大きな
組織を作ろうとしても、足並みを揃えるのも大変だし、
色々な決めごとを作るにしても、100人いれば100人の意見が
出てきます。


まずは、みんなが小さな集合体となり、組織のベースを
作ることが大切なんじゃないかなと思います。


はじめは、友達を2人3人集めて、団体名を決めてみましょう。
そして、その団体に参加するための決まり事や活動内容などを
明確にします。いわゆる私設応援団ってやつですね。


例えば、ゴール裏サポーターであれば、こんな感じ。
------
団体名:地元から応援隊
代表者:福士 知寛
参加条件:栃木SCサポーターであること。年齢制限なし。
    ※ただし、中学生以下は保護者と一緒に参加。
年会費:なし
活動内容:栃木SCの試合をゴール裏で一緒に応援します。
服装は、基本的にレプリカを着用。当団体オリジナルTシャツも可。
応援場所は、試合当日の様子を見て決めますが、基本的に中央より
に場所を確保します。
年に4~5回、応援に関するミーティングを兼ねた懇親会を開催します。
また、一緒にゲーフラを作ったりもします。
試合後は、必ずゴミ拾いをしますので、ご協力ください。

アウェイの応援に関しては、各自で参加願います。
ただし、応援ツアーを実施する場合は、事前にお知らせいたします。

参加申込み:下記の代表者連絡先へお問い合せください。
****@****
------


とまぁ、簡単ですが、こんな感じで法令を遵守しモラルのある
自分ルールを作って、小さな団体を作ります。

団体は、必ず名簿を作り、自主的にクラブへ報告するのも有りだと思います。

報告したからといって、現時点で何か特典があるわけではないですが、
「僕たちはこのメンバーで、こういう決めごとを作り応援しています」という
意思表示をしておけば、何かのときにクラブから代表者へ連絡すれば、
所属している人たちへも情報が伝達できるというメリットがあります。


とりあえず、今日はこの辺で。

続きは次回。


テーマ : 栃木SC
ジャンル : スポーツ

お久しぶりです。

10月20日に更新してから約2週間。
久しぶりにブログ更新です。

最近、ほんとに栃木SC関連のブログが増えましたね~。
加えて、自分もそうですがツイッターなんかも結構使われています。

いろんな情報が飛び交っているので、そこから自分が必要としている情報を
見つけるのが大変です。



さて、久しぶりに更新するので、ちゃんとした話題をアップしようかと。

この「地元から」ブログをご覧の皆さんには周知のことだと思いますが、
ホーム戦では相変わらずボランティアを楽しんでます。

ボランティアのミーティングにも参加して、結構積極的に活動しています。

ボランティアをやろうと思ったきっかけの一つに、
「フロントとの距離を縮めたい」というのがあったんですが、
この思いは着実に前進してます。

ボランティアのミーティングなどで、クラブスタッフの方と話していて
対ボランティア、対サポーターといった部分での距離感・立ち位置が
わかってきました。


ボランティアだけでなくサポーターでも、『組織化』という言葉を
最近よく耳にします。


この組織させることに関して、基本的にクラブの協力は得られない、
というか、クラブの協力を得て作る物ではない、ということを学びました。

『公式』というお墨付きがあれば、何をやるにしても動きやすいなぁ、
となんとなく思っていたんですが甘かったです。


まずは、自ら事を起こさないと何も始まらない。


また、近いうちに考えをまとめてブログにアップしますね。


テーマ : 栃木SC
ジャンル : スポーツ

カウンター

閲覧者:
ADMIN
最新記事
最新コメント
プロフィール

T氏

Author:T氏

栃木SCの熱烈サポーター
血液型:B型
生年:1977年(蟹座)
自己紹介:H24年度から、セールスエンジニアに。
サポーターズクラブ「黄猿」の事務局長やってます。
ゴール裏で一緒にシャウトしましょう!!

サポーターズリンク!
ショップリンク
メディアリンク
選手ブログ
芸人リンク
チーム・団体リンク
スタジアム アクセスマップ
カレンダー
の日付は記事がUPされています
10 | 2010/11 | 12
-
1
3
4
6
7
9
10
17
21
22
27
28
29
30
-
-
-
-
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。